トップページ ホームページ wiki Version: 2.8.9-150226

起動について

通常の起動

通常の起動

使い方は以下のとおり。

$ jd [OPTION] [URL,FILE]

引数にURLを付けて起動する事も出来るので、他のアプリケーションから外部コマンドとしてURLを開く事などが出来る。(JDが扱う事の出来るURLでない場合は設定されているWebブラウザに渡される)

$ jd http://pc99.2ch.net/test/read.cgi/linux/1234567890/

ローカルにあるdatファイルを指定して、一時的にスレビュー表示させることも出来る。

$ jd ./12345.dat

環境変数 JD_CACHE でキャッシュディレクトリの位置を変更・指定することが可能。指定しなければ ~/.jd がキャッシュディレクトリになる。

$ JD_CACHE=~/.mycache jd

環境変数 JD_LOCK でロックファイルの位置を変更・指定することが可能。指定しなければ ~/.jd/JDLOCK がロックファイルになる。

$ JD_LOCK=~/mylock jd

オプション

-h, --help
ヘルプを表示
-m, --multi
多重起動時のサブプロセスであっても終了しない
-n, --norestore
前回異常終了した時にバックアップファイルを復元しない
-s, --skip-setup
初回起動時の設定ダイアログを表示しない
-l, --logfile
エラーなどのメッセージをファイル(キャッシュディレクトリのlog/msglog)に出力する
-g, --geometry WxH-X+Y
幅(W)高さ(H)横位置(X)縦位置(Y)の指定。WxHは省略化(例: -g 100x40-10+30, -g -20+100 )
-V, --version
バージョン及びconfigureオプションを全て表示

多重起動について

多重起動について

JDはメインプロセス/サブプロセスという関係で動作する。

  • メインプロセス: 指令を受け取る事が出来るプロセス
  • サブプロセス : 指令を出す事が出来るプロセス

通常は最初に起動した物がメインプロセスとなり、メインプロセスは1つだけ存在する事が出来る。メインプロセスが存在する状態で起動したプロセスはサブプロセスとして扱われ、複数存在させる事も可能。なお、指令を受け取るのはメインプロセスのみなので、指令を出す側のサブプロセスでURLは開かれない。

以下のコマンドを使い分ける事でサブプロセスの起動のしかたをコントロール出来る。

  • 起動するかどうか確認してサブプロセスを起動
    $ jd
  • 確認せずにサブプロセスを起動
    $ jd -m
  • メインプロセスに<URL>を渡してサブプロセスを起動
    $ jd -m http://pc99.2ch.net/test/read.cgi/linux/1234567890/

注: サブプロセスを残したままメインプロセスを終了していた場合は次に起動したプロセスがメインプロセスとなる。