トップに戻る JDホームページ

Version: 1.9.6-071005

サポートBBSの「ディストロ別インストール情報」スレに投稿された書き込みなどを転載しています。

尚、ここに書かれている事は記載された時点での情報です。
JDまたはディストリビュータ側の変更により内容が異なる場合があります。

Linux From Scratch

2 名前:名無しさん [sage]:2006/08/01(火) 02:04:59 ID:NAwqBb9Y
いきなり趣旨とはちょっと反するかもしれないので申し訳ないが、
とりあえずLFSでソースからインストールする場合。
READMEにも書いてあるんだけど、それに付け足し。
LFSで入る以外に必要なもの。
xlib(libsm,libice)
glib>=2.6.0
gtk>=2.6.0
libsigc++>=2.0
glibmm>=2.6.0
gtkmm>=2.6.0
openssl>=0.9
Optional: libgnomeui>=2.0
libgnomeuiを使う時は、
$sed -i 's/^use_xsmp.*/use_xsmp=no/' configure.in
$sed -i 's/^use_gnomeui.*/use_gnomeui=yes/' configure.in
としておく。
$./autogen.sh
$./configure $arguments
$make
#make install
gtkやglib以下の依存関係は複雑なので割愛。
GNOME等でメニューに入れたいときは、同梱のjd.desktopを/usr/share/applications、
jd.pngを/usr/share/pixmaps以下にインストール。

Gentoo

5 名前:名無しさん [sage]:2006/08/02(水) 01:16:43 ID:xq3j5ix+
長くなって済みませんがGentooで手軽にCVSから最新版を入れる方法です。
リリース版はebuildjpにあるのでそちらからインストール出来ます。

・ /usr/local/myportage等の適当なディレクトリを作成し、
  /etc/make.confのPORTDIR_OVERLAYへ追加する。
・ /usr/local/myportage/www-client/jdへ以下のファイルを
  jd-9999.ebuild等の名前で保存し、emerge jdして終わり。

--------こっから--------
# Copyright 1999-2006 Gentoo Foundation
# Distributed under the terms of the GNU General Public License v2
# $Header$

inherit eutils cvs

DESCRIPTION="gtk2 based 2ch browser written in C++"
HOMEPAGE="http://sourceforge.jp/projects/jd4linux"
SRC_URI=""

ECVS_SERVER="cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/jd4linux"
ECVS_MODULE="jd"
ECVS_BRANCH="HEAD"

LICENSE="GPL-2"
SLOT="0"
KEYWORDS="~x86 ~amd64"
IUSE="gnome"

RDEPEND=">=dev-cpp/gtkmm-2.6
       >=dev-cpp/glibmm-2.6
       >=dev-libs/libsigc++-2.0
       >=dev-libs/openssl-0.9.7
       gnome? ( >=dev-cpp/libgnomeuimm-2.0.0 )"
DEPEND="${RDEPEND}
       sys-devel/automake
       sys-devel/autoconf
       sys-devel/libtool"
S="${WORKDIR}/${ECVS_MODULE}"
src_unpack() {
       cvs_src_unpack
       cd ${S}
       if use gnome; then
               sed -i -e 's/^use_xsmp.*/use_xsmp=no/' configure.in || die
               sed -i -e 's/^use_gnomeui.*/use_gnomeui=yes/' configure.in || die
       fi
       sh autogen.sh || die "autogen.sh failed"
       sed -i -e '/^CXXFLAGS/s:-ggdb::' configure || die "sed failed"
}
src_install() {
       make DESTDIR="${D}" install || die "make install failed"
       doicon ${PN}.png
       domenu ${PN}.desktop
       dodoc COPYING README ChangeLog INSTALL
}

--------ここまで--------
94 名前:名無しさん [sage]: 2007/04/06(金) 01:27:08 ID:SI860OoQ
SVNに移行という事で、Gentooでの最新版追っかけ用ebuildを書きました。
使い方は>>5と同じです。
また、コメントアウトを外せばmigemoオプションを使う事が出来ますが、
そのままだと使えません(libmigemo.soへリンクはします)。
/usr/share/migemo/utf-8以下に辞書を置けば行けそうな気もしますが、
migemo使った事が無いので良くわかりません。

--BEGIN--
# Copyright 1999-2006 Gentoo Foundation
# Distributed under the terms of the GNU General Public License v2
# $Header: $

inherit eutils autotools subversion

DESCRIPTION="gtk2 based 2ch browser written in C++"
HOMEPAGE="http://sourceforge.jp/projects/jd4linux"
SRC_URI=""

ESVN_REPO_URI="http://svn.sourceforge.jp/svnroot/jd4linux/jd/trunk"
ESVN_PROJECT="${PN}"

LICENSE="GPL-2"
SLOT="0"
KEYWORDS="~x86 ~amd64"
IUSE="pango gnome" # migemo"

RDEPEND=">=dev-cpp/gtkmm-2.6
    >=dev-cpp/glibmm-2.6
    >=dev-libs/libsigc++-2.0
    >=dev-libs/openssl-0.9.7
    gnome? ( >=dev-cpp/libgnomeuimm-2.0.0 )"
#    migemo? ( app-text/cmigemo )"
DEPEND="${RDEPEND}"

S="${WORKDIR}/${PN}"

src_unpack() {
    subversion_fetch || die

    # replacement of subversion_bootstrap
    cd ${S}
    eautoreconf || die
    sed -i -e '/^CXXFLAGS/s:-ggdb::' configure || die "sed failed"
}

src_compile() {
    local myconf
    use pango && myconf="--with-pangolayout"
    use gnome && myconf="${myconf} --with-sessionlib=gnomeui"
    #use migemo && myconf="${myconf} --with-migemo"

    ./configure --prefix=/usr ${myconf} || die
    emake || die
}

src_install() {
    make DESTDIR="${D}" install || die "make install failed"
    doicon ${PN}.png
    domenu ${PN}.desktop
    dodoc COPYING README ChangeLog INSTALL
}
--END--
479 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/12(木) 10:56:18 ID:eGJ563u/
今>>476の方法で入れたけど、特に遅いと感じることはないし滑らかにスクロールしてる
>>471の件はlibX11が--with-xcb=yesで作られてたら、それが関係あるかもしれない

自分のところではslackware使ってるけど、xのパッケージを新しくしたら
firefoxとかターミナルのスクロールがひっかかるような感じで遅くなって
libX11を--with-xcb=noで作ったら、元に戻ったってことがあったんで 
480 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/13(金) 15:18:51 ID:0vNzva2N
>>479
スレ違いになりますけど、Slackwareでよくgtkmm
インストールできましたね・・・

よろしければ、Slackwareでgtkmmインストールする方法
教えていただけませんでしょうか? 
481 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/13(金) 19:34:24 ID:YikKgC2b
>>480
そんなあなたに ttp://www.linuxpackages.net/
libsigc++, glibmm, gtkmm 入れればいいんじゃね
482 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/13(金) 21:25:19 ID:xB0TBsYa
>>480
自分は>>481のじゃなくて、まずcairoとglib-2とgtk+2とpangoを新しいのにして
それからcairommとlibsigc++とglibmmとgtkmmを入れたと思った

上のライブラリがslackの11.0のままだとgtkmmとかのconfigureが通らなかった 

FedoraCore

Fedora Extras に含まれているので

yum install jd

だけでOK。
9 名前:名無しさん [sage]:2006/08/05(土) 01:23:07 ID:PTY4PKcU
こんにちは
FC4ですがrpmbuildで簡単にバイナリパッケージ作れました。
追加パッケージがいくつか必要でしたがyumでサクッと。

ただ、カスタマイズしたり前からのアップグレードでクリーンインストールとは
だいぶ違うかもしれないので、役に立つかどうか。
11 名前:作者 ★ [sage]:2006/08/28(月) 01:05:50 ID:xE0/NJmk00000000
FC6T2

開発環境込みでインストールして、yumの設定をしてから、

yum install gtkmm24-devel

あとは

rpmbuild -tb ~.tgz

だけ

Ubuntu

ubuntu-jaの日本語セットアップヘルパからインストール可能です
10 名前:作者 ★ [sage]:2006/08/17(木) 22:20:59 ID:xlMhDdJ2
Ubuntu-jp CD起動版でJDをインストールする方法

メモリは512M、バージョンは6.06で試しました。普通にHDDにインストールした
Ubuntuでも同じようにしてインストール出来ると思います。

(1) synapticで必要なパッケージをインストールする

設定→リポジトリで「コミュニティーによるメンテナンス」を選んでから

libgtkmm-2.4-dev
autoconf
automake1.9
libtool
libssl-dev
gcc
g++
make

を検索で探してインストールする。途中でディスク容量が足りなくなったら
sudo rm -f /var/cache/apt/archives/*.deb でディスクを空ける

(2) makeする

ディスク容量が足りない場合は/tmpあたりにjdのソースを解凍してmakeする

./autogen.sh
./configure
make

(3) src/jd で実行する

FreeBSD

916 名前:FreeBSD User [sage]:2007/01/22(月) 12:40:06 ID:qV2aC6Fa
返事遅れて申し訳ないです。>作者さん

インストール方法、FreeBSDでのまとめです。


まず、/usr/ports/x11-toolkits/gtkmm24をportinstall
次にautoconf、automake、libtoolをGNUサイトからソースを持って来て
./configure make make installする。(FreeBSDでは標準では付いていないので)
zlib、opensslも公式サイトからソースとって来て
./configure(ここの部分たしか./configの場合もあったような) make make install。

portsを使ってもいいんだけど、いろいろ面倒になるだろうから
今紹介した方法が手っ取り早いかと思います。

あと、重要なのが
/usr/ports/devel/gmakeをportinstallでインストールする。

そしてJDのソース取って
中に入り

sh autogen.sh
./configure
gmake (makeではない)

src/jdで起動。

日本語おかしかったらごめんなさい。
間違ってる所がある場合は指摘をお願いします。
432 名前:login:Penguin [sage]:2007/04/01(日) 09:33:20 ID:zbV3M4xb
FreeBSDを語ろう Part14
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/unix/1168465315/897
897 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2007/03/28(水) 08:43:04
やっと jd を FreeBSD でコンパイルできたよ。
こつは configure に
OPENSSL_CFLAGS="-I/usr/include"
OPENSSL_LIBS="-L/usr/lib -lssl"
を付け加えることと、gmake を使うことだった。
ここんところの gtk, gnome, glib... の関連で結構やっぱ大変だった… 
436 名前:login:Penguin [sage]:2007/04/03(火) 21:51:07 ID:VdahYQw8 (2)
>>432
FreeBSD 6.2-STABLEだが、
configureいじらなくてもmakeまで通ったよ。
WITH_OPENSSL_BETA=yesな環境だからかな? 

Nexenta

92 名前:名無しさん [sage]:2007/02/19(月) 19:37:16 ID:kxhxXt6o
Nexenta という GNU/OpenSolaris な環境で jd-1.8.8-beta070218 をビルドしてみました。
必要なパッケージ、ビルド方法はについては
「インストール方法補足、及びディストロ別インストール方法」の Ubuntu と同じです。
# その Ubuntu の項目ですが、libgtkmm-2.4.dev は libgtkmm-2.4-dev の間違いかと。

途中で timegm が未定義と言われるので、src/jdlib/misctime.cpp に
ttp://zunda.freeshell.org/d/20050308.html#p05
の中身をコピペしてみました。
今度は ICONV_CONST が未定義と言われるので、src/jdlib/jdiconv.cpp に
#define ICONV_CONST const
を追加しました。
さらに MSG_NOSIGNAL が未定義と言われるので、src/jdlib/loader.cpp に
#define MSG_NOSIGNAL 0
を追加しました。
とりあえずこの3点の応急措置だけでうまくいくようです。

ArchLinux

85 名前:28 [sage]:2007/02/21(水) 20:23:05 ID:H9gM2cIp
少し前にArchLinuxでビルドできないと言っていた者です。
以前はArchLinux-0.7.2-i686だったのですが、
今回ArchLinux-0.8-beta-x86_64で試してみたところ、何事もなくビルドできました。
0.8-beta-i686では未確認ですが、手順は以下の通りです。

# pacman -S gtkmm
$ autoreconf -i
$ ./configure
$ make
485 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/16(月) 16:52:57 ID:b6IR8/MB (2)
Arch Linuxユーザです
0.8で問題なくmake出来るようになったので、makepkg用のPKGBUILDを書いてみました
pacmanで管理できるので手動でmakeするよりオススメです
需要あるのか分かりませんが・・・

####ここから####
pkgname=jd
pkgver=070403
_ver=1.8.8-070403
pkgrel=1
pkgdesc="A 2ch browser based on gtkmm2"
arch=('i686' 'x86_64')
url="http://jd4linux.sourceforge.jp/"
license=('GPL')
depends=('gtkmm' 'zlib' 'openssl')
conflicts=('jd-svn')
source=(http://dl.sourceforge.jp/jd4linux/24814/${pkgname}-${_ver}.tgz)
md5sums=('793b6cb96563f689b01830d9b546f0d2')

build() {
cd ${startdir}/src/${pkgname}-${_ver}
autoreconf -i
./configure --prefix=/usr
make || return 1
make DESTDIR=${startdir}/pkg install
mkdir -p ${startdir}/pkg/usr/share/{pixmaps,applications}
install -m 644 jd.png ${startdir}/pkg/usr/share/pixmaps/
install -m 644 jd.desktop ${startdir}/pkg/usr/share/applications/
}
####ここまで#### 
486 名前:login:Penguin [sage]: 2007/04/16(月) 17:16:49 ID:b6IR8/MB (2)
svn版です
http://2chshare.net/mini/files/2chshare-mini_0749.gz

アップデートはversionpkgを使うと楽です(pacman -S versionpkgでインストール)
PKGBUILDのあるディレクトリに入って

versionpkg -m

とすれば最新のリビジョンをチェックして、PKGBUILDのpkgverを書き換えてくれます
後は普通に

makepkg

でパッケージができるので、pacmanでインストールして下さい

Debian GNU/Linux

記載日:2007/05/15 by tamagodake

2007年2月9日、JDはDebian公式リポジトリ(etchを除く)で配布されるようになりました。

バイナリパッケージは以下でインストール出来ます。( apt-getでも可 )

# aptitude install jd

ソースパッケージを使ってビルドする事も可能です。( 参考 )

# apt-get build-dep jd
$ apt-get source jd

ソースパッケージ等を使わずにビルドに必要なパッケージをインストールする場合

# aptitude install automake libgtkmm-2.4-dev libssl-dev libtool

注) etchではバーチャルパッケージの関係で、libstdc++2.10-devが
入ってしまう事があるので、先にlibstdc++6-4.1-devを入れておいた
方が無難

JDプロジェクトで配布しているソースのビルドについてはmake、実行方法を参照して下さい。

SUSE

107 名前名無しさん[sage] 2007/06/16(土) 23:37:22ID:l0VOt8uU

openSUSE 10.2でjd.specの簡易流用

Requiresでパッケージ名の違いで依存エラーが出るので
gtkmm24-develをgtkmm2-develに
libSM-develをxorg-x11-libSM-develに
fonts-japaneseに相当するものが何かわからないのでコメントアウト

icon-cacheのアップデートでワーニングが出る(gtk-update-icon-cacheが/opt/gnome/binに置かれているため?)ので
%post以下3行と%postun以下3行をとりあえずコメントアウト

PCLinuxOS

110 名前:名無しさん [sage] 2007/08/01(水) 03:03:41 ID:Rik9YZ6Y

PCLinuxOSでのインストール
◎通常のmakeの場合
必要なパケジ名が違っているものがあるので注意
gtkmm24-develの代わりにlibgtkmm2.4_1-devel
libSM-develの代わりに libsm6-devel をインストール。
他のライブラリ、ビルド用のツールをインストール。
あとはマニュアル通りに autoreconf -i → ./configure → make


◎jd.spec を使用してrpmを作る場合。
ビルド時にパケジ名の違いからFailed build dependenciesのエラーが出るので
gtkmm24-devel をlibgtkmm2.4_1-devel
libSM-devel をlibsm6-devel と書き換える。

インストール時にerror: Failed dependencies:のエラーが起きるので
fonts-japanese をfonts-ttf-japanese と書き換える。
ちなみにpclosのfonts-ttf-japaneseはさざなみなので、コメントアウトでもOK

あとはrpmbuild -ba とかでrpmにすればOK

autopackage

112 名前:名無しさん [] 2007/08/20(月) 21:45:57 ID:FbSd76/o

結構マイナーなパッケージ形式だけど、autopackageっていう形式で
作ってみた。opensslのバージョンは0.9.8じゃないと動かないので注意。
gtkmmは多分2.6以上。うまく動かなかったらごめん。

http://itn2002.sakura.ne.jp/archive/jd/JD4linux%201.9.6-beta070804.package

もし自分で作りたくなった人がいたら、apspecは

http://itn2002.sakura.ne.jp/archive/jd/default.apspec

にあるんで参考にして。